条件付けとセルフイメージ

条件付け

人の育った環境、育った時に周りにいた人によって、人物のセルフイメージが形成され ます。たとえば、父親が企業家で自分で会社を立ち上げ成功した人物だとします。 すると子供は普通に会社を作って自分が経営者になろうとします。 親の背中を見て育っているからです。
ところが父親が平凡な勤め人で(平凡な勤め人が悪いといっているのではありません) いつも子供に「会社を経営するなんていうのはそれなりに才能のある人のやる事なんだ、 人は地道に汗水流して働かなくてはダメだ」などと始終聞かされて育った子供は、 概して自分が経営者になろうなどとは思わなくなります。

 

セルフイメージ

このように人は幼少時に条件付けされたイメージでセルフイメージを形成します。 しかもこのセルフイメージは案外自分では自覚されていないものです。 だから自分の子供を育てる時には子供が大きな夢を話しても、決してそんなものにはなれっこないとか、 否定をしてはダメです。夢を大きく膨らましてあげましょう。

 

大人になってからでも遅くはありません。セルフイメージを変えるだけで成長したり成功したりすることができます。 負のセルフイメージを持った人がいくらポジティブ思考をしても根底にあるものがマイナスの自分なので失敗することが多いです。 こういう人は何かで成功しても「これは本当の自分じゃない」と無意識に思ったりします。

 

セルフイメージのイメージ画像

 

セルフイメージを変えるのはイメージトレーニングをすることです。 成功している自分をイメージするのです。スポーツ選手がするイメージトレーニングに似ています。 これを習慣にしてしまえば、古いセルフイメージは駆逐されます。試みる価値があるので興味のある方はやってみてください。

 

条件付けとセルフイメージ関連ページ

心が乱されたら
他人に心を乱されたら、受け取り方を変えてみましょう。
宇宙からの贈り物
あなたには宇宙からの贈り物が与えられています。あなたの想念が今いる現実を生み出しているのです・・・・・
自分が変われば周囲も変わる
周囲を変えようとしても駄目です。自分が変われば周囲も変わります。
反省をしないこと、心配をしないこと
あまりに強く反省や心配をしてはいけません。自分にとってマイナスになってしまいます。
周りに左右されないこと
最終的に物事を決めるのは自分です。あまり周囲の意見などに左右されないようにしましょう。
他人に過剰な期待をしないこと
他人に過剰な期待をすることは、自分も見返りを求めていることです・・・・・
あなたにとって仕事とはなんですか?
人生を生きていくための仕事とはいったいなんでしょう?あなたにとって仕事とは・・・
出会い
人生で出会う人。相性の良い人もいれば、相性の悪い人もいます。出会いについて・・・
人生でやりたいこと
自分のやりたいこと・・・・・本当にやりたいことは何か?これを見つけるのは以外に難しいものです・・・・・
光と影
人生には 明るい面と暗い面があります。 相対的な世界は光と影から成り立っているからです。
生きること、働くこと、楽しむこと
人生を楽しく生きていくためには、まず生きること、働くこと、楽しむことです。
今いる場所/人生の楽しみ方
あなたが今いる所、境遇や地位、あなたをとりまく人々、現在の状況はすべてあなたが自分自身でした選択の結果です。
人生を変えたかったら
人生を変えたいと思ったら、今すぐ宣言することです。もちろん誰かに言う 必要はありません。自分の中での宣言です。
人間は平等か?
人はなぜ、生まれながらにして平等ではないのでしょうか?でも本当は平等なのです・・・・・