偽という漢字について

よく、他人(ひとと読んでください)のため、人のためという人がいますが、 偽という字の偏は「にんべん」で人のこと。つくりは「為」(ため)つまり人の為という人は「人」+「為」=「偽」 という図式です。要するに「人の為、あなたの為を思って言っているんだ」などとよくいう人がいますが、 こういう人は大体「偽りの」人なので気をつけなさい。と言っているのです。

 

昔の人は本当にすごいことを見抜いていましたね。 あなたの周囲にもすぐ、 「人の為」などと言って偽善的なことを言う人、結構いると思います。こういう人は「偽」者なので気をつけましょう。 蛇足ですが、「他人事」は「たにんごと」ではなく「ひとごと」と読んでください。 言葉の読み方などどうでも良いという人がいますが、正しい読み方には、正しい言葉の意味があります。 あなたも偽者にならないように・・・・・