心・意識

 

仏教では心の状態(意識)を基本的な5つに分けています。

   第1識   見る(眼)
   第2識   聞く(耳)
   第3識   味わう(舌)
   第4識   嗅ぐ(鼻)
   第5識   感ずる(身体)

これらが前5識といって基本的な人間の感覚です。 これに事物の認識をさせる、たとえば人なら人、植物なら植物と認識させるのが【第6識】 認識力ですね。

 

末那識(マナシキ)

これらの情報を判断し好き嫌い、恐怖、喜び、快感などの感情をつけるのが 【第7識で末那識(マナシキ)】といいます。 この第7識の末那識というのが曲者で、自分の好悪で人や物事を判断したりして真実を見失わせるのです。この心の影響は様々な妄想を生んだりして人を誤った行動へと動かすことがあります。

 

阿頼耶識(アラヤシキ)

この奥に第8識として阿頼耶識(アラヤシキ)というものがありますが、これは本来人間がもっている清浄なものを内包し、人の過去の記憶、単に現世の記憶だけでなく、 過去のすべての記憶の貯蔵庫だとも言われています。 西洋心理学では「潜在意識」と呼ばれていますね。

 

 

潜在意識のコントロール

 

ここから湧き出る過去の記憶に基づいた心(意識)が本来の心だと思っているところが人間の過ちを犯す元となります。 本来人間の心は明るい言葉、清浄な思いを欲しています。 悪い妄想や邪念が入ると人の行動を妨げます。 昨今のポジティブ思考などはこの辺のことから発生しています。 明るい気持ち、前向きな気持ちそれらを表す言葉を日々、意識に投げかけてやれば、 妄想や邪念が消え本来の人間の力や美しさが表れてきます。

 

何かで大成功した人が、自信に満ちて行動も魅力的に見えるのは、その人自身は気が付いていないかもしれませんが、第7識が活動を止め一種の悟りの状態になっているからなのです。

 

これは一瞬で起こるときもあります。これを禅では見性といい、本来の自己に目覚める時です。この状態のときはすべての自然物が美しく見え、まばゆい光の状態が感じられるそうです。
第7識を活動させないようにするには常日頃から明るい言葉、前向きな言葉を自分に 投げかけてあげる必要があります。ただ、人は悪いほうへ考えるほうが楽にできるような性質を持っています。 あまりに強く後悔することもネガティブな意識が発生します。

 

宮本武蔵は「五輪書」の中で「吾ことに臨んで後悔せず」と書いています。 宮本武蔵は後悔しない心が、いかに本来の心を引き出し、 これを使うのに重要なことであるかを知っていたのだと思います。 武道の達人や、卓越した芸術家などが同じようなことを言っていますが、これも一種の悟りともいえます。

 

 

写経や座禅、瞑想などは、ネガティブな思考から意識を遠ざけるための一種の道具です。最近はバリバリ仕事をしている若い女性の間にもこういったことをする人が増えているようですが、ストレスから開放され妄想や邪念を遠ざける良い方法だと思います。

 

我々凡人も、いや凡人だからこそ、日々心に明るい言葉を投げかけてあげなければダメなのです。

 

心・意識・潜在意識/人生を楽しむガイド関連ページ

本物の見分け方
魂のステージの高い本物の人物の見分け方について
神秘体験
管理人が唯一体験したことのある神秘体験の経験談です。
出会う人
あなたの出会う人、今の周囲にいる人はあなたと同じような人が集まっています。
幸福感は伝染する
幸福感は伝染するということ知っていますか?誰かの幸福感に変化が起きると、幸福感や充足感は周囲にいる他人に影響されるということです。
神は存在するか・・・・・
神は存在するか・・・・・人間の大命題ですが、紙の存在について考えて見ました。
人間の肉体
人は肉体人間だけが真実と思っていますが、魂の抜け出た肉体は、ただの有機物です。
人間とは何?
人間とはなんぞや、何のために存在しているのか、人間の肉体と魂の本質に迫ります。
子供は親を選べないって・・・本当ですか?
子供は親を選べないと当たり前のように言う人が多いですが、実は子供は親を選んで生まれてきます。親は子供を選べないのです。そのことについて詳しく検証しています。